ノッティーハウスリビングが贈る 薪ストーブのある暮らし

マキビトクラブの最新・イベント情報と暮らしはFacebookでチェック!

木の家には薪ストーブがよく似合います。
お家全体をじんわりやわらかく温め、ガラス窓からゆらぐ炎を見ながら
家族でゆったり過ごす時間も増えそうです。
クッキングストーブならお料理も楽しめます。
パン、ピザ、お肉を焼いたり、煮込み料理もおまかせ。

what is マキビト

薪ストーブのある暮らしを楽しむ皆さんのことを、ノッティーハウスリビングではこう呼びます。また、そんな皆さんが集まって、情報交換をしたり、地元で採れる間伐材を薪として利用することで、地域に新たな絆と経済作り出すコミュニティがマキビトクラブなのです。

施行事例・オーナーズVoice

 

マキビトクラブ(ノッティーハウスリビングのオーナー様)限定! 独自の間伐材の循環システムで薪の調達に困りません。 マキビトクラブ(ノッティーハウスリビングのオーナー様)限定! 独自の間伐材の循環システムで薪の調達に困りません。

薪ストーブの導入にあたって一番心配なのが薪の調達。たくさんの薪を割って、乾かして、保管して・・・入手経路や道具、保管場所など、どうしよう?と悩まれる方も多いはず。 そこで、ノッティーハウスリビングで、薪ストーブのお家を建てていただいたオーナーさんは、お好きなときにノッティーハウスリビングにある薪のストック場所へお越しいただき、薪割り作業後、必要な分を自宅にお持ち帰りいただけます。

よくあるご質問

薪ストーブはエコロジーな暖房といわれますが、どんなところがエコロジーなのですか?

薪ストーブの燃料は木です。

近年は石油燃料等の枯渇が心配されていますが、木は切った分だけ植えればまた再生する、循環型の燃料です。木が燃料では森林破壊にならないの?という意見も聞かれますが、現在の日本の森は手入れされずに荒れているという問題を抱えています。

森に手を入れる作業は、健全な森の姿を維持するには欠かせません。

こうした手入れによって伐採された「間伐材」を燃料にすることによって間伐材利用が進み、健全な森の姿を取り戻し維持していくことができます。

また、木は成長の過程でCO²を内部に取り込みますが、若い木の方が活発にCO²を吸収するので老木が立ち並ぶよりも木の年齢に入れ替わりがあった方がCO²の削減にも役立つのです。

家の中で火を焚く薪ストーブは安全なの?火事の心配は?

通常、薪ストーブは本体ドアを閉めていればきちんと密封されています。
通常の使用で火が外に漏れてくることは、まずありません。

薪の継ぎ足しをするときに多少の火の粉が飛ぶこともありますが、防火専用グローブをしていれば火傷に至るようなこともありませんし、床や壁に正しい耐火対策を行えば内装を汚すようなこともありません。

もちろん煙突の掃除を怠るなど、メンテナンスをきちんと行わないと煙突に汚れが溜まり火災を起こすケースもあります。
完全に乾いた薪を使用し、定期的なメンテナンスはもちろん、日々の使い方にも気を配りましょう。

薪ストーブの煙は近所迷惑になりませんか?

一昔前まで薪ストーブは郊外の住宅や別荘地で使われるイメージでしたが、環境にやさしい暖房ということで注目され住宅街でも需要が高まってきました。

今一般住宅で使われる薪ストーブは燃焼効率が非常によく、煙突から有害な煙が出ることはないと言えます。薪ストーブの多くは北米やヨーロッパで作られているものですが、それらの地域では排出する煙に規制が厳しいところもあり、こうした規制をクリアしたストーブが設置されます。

実際に煙突の先に注目してみると、焚きつけ時に少し黒い煙が出ますが薪がしっかり燃え始めると煙の害については心配ないでしょう。

ただし煙がまったく無臭であるわけではありませんし、単純に煙突から煙が上がるのを気にする人がいるかもしれません。ご近所に挨拶されるときに一言薪ストーブのことを伝えておくといいかもしれません。

小さな子供やペットがいても大丈夫?

薪ストーブ運転中は本体が高温になります。しかし小さなお子さんのいるお家でも薪ストーブを使っているケースはたくさんあります。

大人の話がわかる年齢であれば「ここは熱いから触ってはダメ」と話しておけば理解してくれますが、万が一よろけてしまったりした時や歩き始めたくらいのお子さんはやはり心配です。
お子さんがある程度大きくなるまではストーブの周囲に柵を設置して安全対策をとりましょう。
ストーブメーカーのアクセサリーにも素敵な柵があり、夏の間は取り外しておくことができます。

このほかに小さなお子さんの場合、着火に必要なマッチやワンタッチの着火器具をいたずらしてしまいヒヤッとした!という話をよく聞きます。着火に便利なようにマッチ等をストーブのすぐ近くに置いてしまいがちですが、子供はすぐに大人の真似をしたがります。このあたりも十分注意したい点です。

またペットがストーブに触れてしまったという話はほとんど聞かれません。ストーブの近くで心地よく寝ている姿は見られますが、必要以上に近づくことはないようです。動物の本能がそうさせるということなのでしょう。

煙突掃除は自分でできますか?

作業自体はそれほど難しいものではありませんので自分で掃除することもできます。煙突内部の煤を落とすことが目的なので専用のブラシで内部をこするのですが、屋根の上に登って煙突の先からブラシを入れることになりますから屋根から出ている煙突の高さや屋根の傾斜によっては危険が伴いますのでプロに任せた方がいい場合もあります。

煙突がまっすぐでない場合も汚れをとりきれない場合があるのでプロに任せると安心ですね。

錆が発生していないか、何か不具合が起きていないかなど全体的な点検もしましょう。

自分で掃除したいという人も最初の1~2回はプロに依頼し手順を教わってみたり、数回に1回はプロに頼むなどバランスよくプロの力を借りてメンテナンスしてみてはいかがでしょうか?

火はどうやって消すの?

消火はどんな暖房器具と比べても簡単。消したい時間(就寝前やお出かけ前)を見計らって薪の追加をやめ、そのまま鎮火するのを待つだけです。空気を遮断してしまうことによってそのまま消えていきます。ほうっておけばいいわけですが、最後に必ずきちんと火が落ちたかの確認しましょう。